人材管理システムによる簡略化

人事管理にシステムを導入するケース

人事に関する業務は、従業員の個人に関する情報から、役職や給与などの社内属性に関する情報に至るまで、日常的に広範な情報を扱うものです。社員が入社してから退社するまでの一連の業務で発生する情報を管理するのは、人数が多い企業では、大変な手間が伴うのも実情です。人事管理システムを導入することで、自社の人材マネジメントに発生する業務負荷が大幅に軽減され、人事や総務に従事する方の作業負荷が大きく減っていくものです。人事管理システムには、パッケージソフトの形態で提供されているものと、月額課金などの料金形態を取るクラウドサービスを活用して使えるものがあります。導入の際には、長期的な視野に立って検討を進め、自社に相応しいシステムの導入を進めましょう。

人事管理に求められる機能

企業の人事管理に求められる機能には様々なものがあります。従業員の給与計算から昇格や昇給などの人事評価、教育研修制度の適用から配置転換や異動履歴に至るまで、企業における人事業務には広範な業務が伴います。給与の計算などは定期的に発生する業務でもあり、システム化されていない場合には経理や総務の方の作業負荷も、毎月のように高くなっていくものです。人事考課に関する査定などの場合は、従業員単位にどのような評価を実施したかを履歴として残しておかなくては、昇格や昇給の判断の際の判断要素として利用できなくもなります。人事管理システムを導入する前に、自社の人事管理業務の流れと管理が必要な部分の洗い出しを行いましょう。