人材管理システムのコスト面

人材管理システムの料金体系

人材管理システムのコスト面を考える上で、まず知っておかなくてはいけないのは、人材管理システムの多様な料金体系についてです。人材管理システムの料金には、主に3つの種類があります。それは「ライセンス料などの初期費用」、「月額料金」、「利用人数当たりの利用料金」の3つです。

この3つの料金の内、1つだけがかかる場合もあれば、複数が組み合わさった料金になっている場合もあるなど、システムを提供している会社によって料金体系は様々です。また、同じ人材管理システム内であっても、基本機能は月額一定料金であるものの、一部オプションは利用人数によってお金がかかるという場合もあるので、あらかじめよく確認しておくことが必要です。

コストは料金体系と人件費に注目

人材管理システムのコストは、先程紹介した料金体系と人件費に注目しましょう。従業員が多い会社やこれから従業員数を増やしていきたい会社であれば、利用人数あたりの料金体系を取っているシステムは避けた方が良いでしょう。一方で、従業員数が少ない会社ならば、初期費用や月額料金といった、一度に大きなお金を払う料金体系のシステムを導入すると、実質一人当たりの利用料が莫大になってしまう可能性もあります。

加えて、考えておかなくてはいけないのは、人材管理システムを運営するために必要になる人件費です。多くの会社は、人件費や工数を削減する事が目的でシステムの導入を試みるはずですが、システムを導入したことによって、人件費や工数を削減できる一方で、新たに増える人件費もあるので注意が必要です。